物件検索 ログイン MENU CLOSE

物件購入前のあれこれ

立野町の住みやすさ

2022/6/13

目次

  1. 練馬区立野はどんな町?
    1. 立野町で食料品を買うならCOOP(コープ)みらい関町店が便利
      1. 立野町は公園や病院も充実
        1. 立野町からは吉祥寺駅が徒歩圏内!雨の日も安心
          1. 立野町はお手頃価格

            練馬区立野はどんな町?

            練馬区の最南西に位置し、武蔵野市に隣接している立野町。

            その昔「タチノ」や「タツノ」とも呼ばれましたが、今は「タテノ」が正しい読み方です。

            江戸時代には、石神井村立野の飛び地だったところと、関村関原と呼ばれていたところが、現在の立野町にあたります。明治22年の町村制実施により、石神井村関甲須崎、および上石神井立野飛地となり、その後昭和7年に板橋区立野町となりました。昭和24年8月1日に板橋区から練馬区が独立し、現在の地名、練馬区立野町となりました。

            千川上水
            千川上水

            立野の北には千川上水が流れています。この千川上水は元々近郊農村のかんがい用水として用いられ、命の水として無くてはならない存在でした。

            その後東京都が千川上水の堤を整備し、今も千川上水の唯一の開きょ部が貴重な遺跡として残ります。

            立野町は吉祥寺駅、武蔵関駅、上石神井駅の中間点に位置していることからJRと西武新宿線を使い分けている方も多くいらっしゃいます。

            JR吉祥寺駅
            JR吉祥寺駅
            西武新宿線武蔵関駅
            西武新宿線 武蔵関駅
            西武新宿線上石神井駅
            西武新宿線 上石神井駅

            立野町で食料品を買うならCOOP(コープ)みらい関町店が便利

            立野町は住宅街のためお店も少なめです。

            主なお買い物先としては、吉祥寺駅や上石神井駅を使うことが多くなると思います。周辺駅のお買物スポットまでアクセス良好なことも、立野町が人気エリアである理由の1つでもあります。

            ただ、立野町内には、コープみらい関町店、セブンイレブン練馬立野町店がありますので、急なお買い物にも困ることはありません。

            コープみらい関町店
            コープみらい関町店
            セブンイレブン練馬立野町店
            セブンイレブン練馬立野町店

            どちらのお店も街の中央部に位置しているので、立野町アドレスのどの位置からもアクセス良好です。

            ただし、どちらも駐車場が無く、近隣に大きなコインパーキングもないため、車でお出かけの際は注意が必要です。

            立野町には他のエリアにはない穴場のお店も。

            田中農園さんは、立野小学校と石神井西中学校の間にある農園の一角で、自家栽培の野菜を平日朝10時から19時までお野菜の自動販売機で販売されています。

            扱う野菜は季節毎に異なり、100円〜200円程度です。

            田中農園
            田中農園

            立野町のメインストリートでもある吉祥寺通り沿いには、こだわりのお店が多く並びます。

            代表的なお店は、焼き立てパンが美味しい「すずめベーカリー」。ベビーカーでもお店に入れるので、安心して利用いただけます。

            すずめベーカリー
            すずめベーカリー

            その他、ジャズを聞きながら美味しい珈琲を味わえるお店「シレンシオ」、こだわりのコーヒー豆をテイクアウトすることもできる「亀岡珈琲」もおすすめです。

            立野町は公園や病院も充実

            立野町には、お子さんと行くと楽しいこと間違いなしの「立野公園」があります。

            立野公園
            立野公園
            立野公園のジャブジャブ池
            ジャブジャブ池

            広さ7000㎡と大きな広さで、ボール遊びや散歩などさまざまな用途で利用が可能です。

            練馬区と友好関係にある北京市海淀区から送られた碧桃樹を用いた中国式の庭園や、水遊びスポットとして人気のジャブジャブ池などがあります。

            春になれば桜が満開で、お花見スポットとしても大人気。

            犬のお散歩利用も可能な公園のため、お散歩目的で訪れる飼い主さんも多く利用する、誰もが楽しめる公園です。

            また、立野公園の少し南東側に行くと「立野町蘭松医院」があります。こちらの病院は総合内科で幅広く見ていただけるので、急な不調などがあった時にも安心ですね。

            立野町蘭松医院
            立野町蘭松医院

            ペットの体調で心配なことがあれば、充実した医療機器が揃っている「ヒラミ動物病院」もあります。

            ヒラミ動物病院
            ヒラミ動物病院

            立野町からは吉祥寺駅が徒歩圏内!雨の日も安心

            吉祥寺駅北口のサンロード商店街。アーケードがあるので、雨の日も快適です。

            吉祥寺と隣合わせの立野町。吉祥寺の閑静な街並みがそのまま続いていることもあり、素敵な住宅街が数多くあります。

            吉祥寺駅北口のロータリーを抜けてアーケードのあるサンロード商店街を北上すると、五日市街道まで行くことができます。

            このサンロード商店街の終点から立野町の一番南側まではなんと徒歩で約10分の距離です。

            屋根の付いた楽しい商店街は約300メートル。雨の日や暑い日なども、お店を眺めながら、快適に歩くことができます。

            吉祥寺駅北口のロータリー
            吉祥寺駅北口のロータリーからは立野町方面へのバスがたくさん出ています
            吉祥寺駅から立野町に向かうバスのルート
            吉祥寺駅から立野町まではバスで10分程度

            また吉祥寺駅行きのバスが多いのも立野町の魅力です。

            大泉学園駅や石神井公園駅方面から吉祥寺駅に向かうバスが集中するため、通勤時間帯のバスの本数は電車並みで、1時間に30本以上も走っています。

            立野町はお手頃価格

            吉祥寺駅のある武蔵野市は、最低敷地面積120㎡(建ぺい率40%の地域)等の規制があり、どうしても1件当たりの不動産の価格が高くなる傾向があります。

            立野町は、建ぺい率50%、容積率100%のエリアがほとんどを占めており、その場合の練馬区の最低敷地面積は80㎡です。

            武蔵野市と比べると、最低敷地面積の制限が小さく、建ぺい率・容積率が大きい分、立野町は比較的手頃な不動産が販売されやすいエリアである、と言えます。

            吉祥寺駅を通勤・通学で使いたいけれど、予算は抑えたい、という方はぜひ立野町もご検討されてはいかがでしょうか。

            関連記事 Related article

            Loading...