物件検索 ログイン MENU CLOSE

物件購入前のあれこれ

石神井台の住みやすさ

2022/1/20

目次

  1. 石神井台は石神様が出現した村?!
    1. 自然豊かな石神井公園
      1. お子さまと楽しめるブルーベリー狩り
        1. 西武線の複数駅をつなぐ西武バス
          1. 日当たり重視の方におすすめ

            石神井台は石神様が出現した村?!

            練馬区の南西部に位置する石神井台。住所としては、石神井台1丁目から8丁目までがあります。
            鉄道の駅はありませんが、西武新宿線の武蔵関駅・上石神井駅、西武池袋線の大泉学園駅・石神井公園駅が利用可能です。

            西武新宿線 武蔵関駅
            西武新宿線 上石神井駅
            西武池袋線 大泉学園駅
            西武池袋線 石神井公園駅

            練馬区の公式ホームページによると、令和3年11月データでは石神井台の世帯数は約1万5千世帯、街の人口は3万1千人ということです。人口密度で見てみると、13,848人/平方kmになります。

            「石神井」の語源は、その昔村人が井戸を掘った折に出てきた石棒に奇端(きずい=めでたいことの前兆)があり、村人たちがそれを霊石、石神様として祀ったことに由来します。一説によると、石神様は現在国の天然記念物に指定されている三宝寺池(石神井公園)から出現したといわれているそうです。

            石神井台の歴史は、もともと旧上石神井村のうち石神井川の北、大門、沼部、西村、小関をいい、明治22年に上石神井村は下石神井、谷原、田中、上土支田、関の5か村と合併、大きな石神井村のうちの一つになります。
            昭和7年板橋区上石神井が誕生し、石神井川の南が1丁目、北が2丁目とされ、昭和45年に住居表示で上石神井2丁目が石神井台となりました。

            自然豊かな石神井公園

            石神井公園

            石神井台といえば、なんといっても約20ヘクタールの広さを誇る石神井公園です。
            西武池袋線石神井公園駅から徒歩7分、公園内には、神社、野球場、小野球場、テニスコート、野外ステージなどさまざまな設備があります。

            石神井池、三宝寺池の2つの池を中心とされており、石神井池のボート場ではローボート、サイクルボート、スワンボートがあり賑わいを見せています。
            三宝寺池は、氷河期の遺存植物の1つと言われているミツガシワなど貴重な植物があり、昭和10年に「三宝寺池沼沢植物群落」として国の天然記念物に指定されています。

            毎年秋(10月下旬頃)、東京都の「東京文化財ウィーク」では、通常文化財保護のため閉鎖している園内の石神井城跡が特別公開されます。ぜひこの時期を狙って行ってみてはいかがでしょうか。

            お子さまと楽しめるブルーベリー狩り

            練馬区には30カ所のブルーベリー農園があり、料金はすべて一律200円/100g(摘み取り方式)、300円/100g(パック販売)となっており、入園料は無料です。
            毎年20日ほど行われるブルーベリー狩りには、約1700人が訪れるそうです。

            ブルーベリーフィールズ本橋農園

            石神井台4丁目には10種類400本ほどのブルーベリーを扱う「ブルーベリーフィールズ本橋農園」があります。西武新宿線の上石神井駅から徒歩15分、暑い夏にはバスの利用もおすすめです。
            また、園内に駐車場と自転車置き場も用意されています。この農園は、ブルーベリーの木と木の間に黒いシートが敷かれており、足元が不安定な場所が少ないため、小さなお子さまも安心してブルーベリー狩りを楽しむことができます。

            西武線の複数駅をつなぐ西武バス

            2丁目のバス停「富士街道」を起点に見ていくと、上石神井駅を通って吉祥寺駅方面、また石神井公園駅を通って成増町方面へ向かう「西武バス吉60系統」は平日の6時台・7時台に両方面5~7本走っていますので、約10分に1本バスがくるイメージです。

            また吉祥寺駅方面、大泉学園駅方面へ向かう「西武バス吉61、吉62系統」は平日の朝6~8時台、夕方帰宅時間帯の17時~19時台に10~15本のバスがあるので、通勤通学の際には困らなそうです。そのほかの時間帯や、土日祝日でも10分以内に1本走っています。
            こちらは深夜バスもあり、大泉学園駅南口駅からは午前0時半、吉祥寺駅からは午前1時まであるので都心部から遅い時間に帰宅される方にとても便利ですね。

            日当たり重視の方におすすめ

            練馬区の用途計画マップを確認してみると、石神井台は全体的に第一種低層住居専用地域の建ぺい率50%、容積率100%で戸建て住宅が多いため、住環境や日当たり重視の方は外せないエリアです。
            一方で富士街道沿いと石神井通り沿い、それと新青梅街道沿いは建ぺい率・容積率ともに高い地域となっています。石神井台3丁目・4丁目は建ぺい率60%、容積率200%の第一種中高層住居専用地域、また4丁目には建ぺい率60%、容積率300%の第一種住居地域となっている場所が多く、戸建て住宅の他に、マンションなども多く建設されるエリアです。

            また、石神井台の南側には石神井川が流れております。河川の拡幅等で、以前に比べると浸水する事も減ったそうですが、それでもご心配なお客様もいらっしゃると思います。そんなときは担当スタッフにおっしゃっていただければ、区役所で調査したり、近隣住民の方にヒアリングなどを事前に行い、浸水被害の有無についてご報告させていただきます。
            お気軽にご相談くださいませ。

            関連記事 Related article

            Loading...